イルチブレインヨガ加古川スタジオイルチブレインヨガ加古川スタジオ

イルチブレインヨガ加古川スタジオ

 

トレーニングについて

カラダ・こころ・脳 イメージカラダ・こころ・脳 イメージ

イルチブレインヨガとは

脳の活性化により本来の体の健康や心の健やかさを取り戻すホリスティック・エクササイズ。
カラダ・こころ・脳。この3つが目覚めたとき、
人は本当の健康と美しさをとりもどします。
大切なのは、自分自身の体に集中し、体からの声を聞いていくこと。
脳が自分の状態を意識することによって、バランスや不調を整え、
体が自然に健康な状態に戻っていきます。
イルチブレインヨガは、少人数制で一人ひとりの体と心に合わせた
トレーニング指導を行っています。

肩呼吸はストレスの現れ!
イルチブレインヨガの呼吸法で赤ちゃんの呼吸にもどる。

呼吸は、年齢とともに「質」が変わります。生まれたばかりの赤ちゃんの呼吸を見ると、下腹が上がったり下がったりしています。実は人間は、赤ちゃんのときはお腹を使って深い呼吸をしているのです。現代人によく見られる肩呼吸は、心身のストレスの強さを象徴する行為なのです。

呼吸は、自律神経と深い関係があり、息を深く吐き出すと「副交感神経」が刺激されるといわれます。副交感神経は「リラックスの神経」といわれており、ストレスをやわらげる働きがあります。深呼吸をすると気持ちにゆとりが生まれるのはこのためです。

しかし、現代人は副交感神経よりも、ストレスの神経である「交感神経」が優位になりやすいとされ、これに伴って呼吸も浅くなります。呼吸が浅いと、「イライラ」や「怒り」といった感情が募りやすくなります。

イルチブレインヨガの呼吸法をすると、副交感神経が優位になりやすくなります。とくに、体の中心であるへその下の丹田を意識する「丹田呼吸」を行うと、気エネルギーが全身をめぐり、血行が改善されます。内臓の働きも活発になり、リンパ液の循環もスムーズになります。イルチブレインヨガでは、意識的に呼吸をコントロールすることで、心を穏やかにしていきます。判断力・集中力アップ・心にゆとりができるといった効果が期待できます。

イルチブレインヨガ イメージイルチブレインヨガ イメージ

一般トレーニングの流れ

●STEP 1 準備体操(ウォーミングアップ) 

お腹の5センチほど下にある丹田のツボを刺激する丹田リズム体操や腸運動によって血液循環を促し、体を温め、準備運動の後に行う本トレーニングに適応できる体を作ります。

準備体操(ウォーミングアップ) イメージ準備体操(ウォーミングアップ) イメージ

●STEP 2 ブレイン体操

呼吸とともに筋肉や靭帯を伸ばし、筋肉の緊張をほぐして柔軟にし、心も楽になるトレーニングです。気エネルギーと血液の循環を促進し、体の感覚を目覚めさせ、脳を活性化させます。身体のバランスを取り、経絡の詰まりをほぐして、柔軟性と筋力を育てます。

 ブレイン体操 イメージ ブレイン体操 イメージ

●STEP 3 脳波振動(ブレイン瞑想/ふりふりエクササイズ)

リズム運動を通して、ストレスや環境の影響で不安定になった脳波を安定させます。 これによって体と心のバランスを取り、自然治癒力が高まり、本来の健康リズムを回復できます。また、肯定的な考えができるようになります。

脳波振動(ブレイン瞑想/ふりふりエクササイズ)イメージ脳波振動(ブレイン瞑想/ふりふりエクササイズ)イメージ

●STEP 4 行功(ヘンゴン)呼吸法

丹田にエネルギーを集める呼吸法。全身の気のめぐりをよくし、体のコンディションを整え、集中力・持久力を培います。 体にエネルギーが満ちて、内側から活性化します。
段階別の呼吸法で、老若男女関係なく、誰でもできるようになっています。

行功(ヘンゴン)呼吸法 イメージ行功(ヘンゴン)呼吸法 イメージ

●STEP 5 止感&丹舞(エネルギー瞑想)

エネルギーを感じながら、ゆったりと瞑想を行います。
深い集中とリラックスした心と体で、自分の内面を感じる大切な時間です。

止感&丹舞(エネルギー瞑想)イメージ止感&丹舞(エネルギー瞑想)イメージ

●STEP 6 整理体操

最後に体の左右のバランスをとり、活力をつける整理体操を行います。

整理体操 イメージ整理体操 イメージ

●STEP 7 分かち合い 

トレーニングが終わった後にみんなでお茶とお菓子を頂きながら、トレーニングにおける自分自身やお互いの成長や気づきを共有する時間です。